トップページ

    このサイトでは輸入車の買取で高く売りたい!というあなたにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車の買取で高く売りたいけど、おすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高く売るために大切なことは、「いくつかの買取業者に輸入車の買取査定してもらうこと」です。手間がかかるからといって1社にだけ買取査定を依頼したり、近くのディーラーで下取りをお願いしたりというのは間違いなく損をするので注意してください。業者間での価格競争が起こらないので査定額が安くなります。

    ランキングで紹介しているおすすめの一括査定サービスを利用すれば2分くらいで終わる簡単な入力だけで、同時に複数の業者から買取見積もりの査定額を比較することができます。あなたの輸入車を高く売却するために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心感も抜群です。
    登録業者も約1000社と断トツの多さ!最大で50社に輸入車の買取査定依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国に対応していて無料。

    「輸入車を高く買い取ってもらいたいから相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っている輸入車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという車買取業界では新しいサイト。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買取価格を入札していくので、輸入車を高額買取してくれる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込むと複数の会社から見積りの電話がかかってくるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    輸入車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の相場が分かるので、「自分が今乗っている輸入車の買取相場っていくらなの?」と感じているならおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRIの審査を通過した優良業者のみが登録していますので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで輸入車の高価買取の可能性が高くなります。

    最大10業者が輸入車の見積もりをしてくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたの輸入車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして数年間愛用した輸入車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車専門の中古車買取店。
    輸入車専門15年の実績があり、年間の取扱台数は輸入車だけでも約1500台です。もちろん、地方にも対応していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は輸入車に特化した専門店なので、他の買取業者より高く売れる可能性があります。
    そこで、まずは上記で紹介した車一括査定サービスを利用してあなたが今乗っている輸入車の買取査定の金額を出してもらいましょう。

    そして、その金額を確認した上で最後に外車王に買取査定をしてもらうのがおすすめです。他の買取業者よりも高い買取査定額を出してくれた場合は外車王にあなたが愛用してきた輸入車を売りましょう。







    ほとんどの中古車販売業者は良心的ですが、稀にしか見られない事でしょうが、悪質な手段を講じる中古車買取業者も中にはあります。

    手法の例を挙げるならば、見積もり申し込みの段階において、見積もりの後に車を持っていくことが可能ならば査定金額を高く出来ますなどと言われて、直ぐに車を引き渡すように強要させられて、車を引き取ったが最後、お金は払わずに、その会社の連絡先がなくなっているという手口の詐欺も横行しています。

    所定の契約手続きをしないでせかせかと車を持っていこうとする会社は特に注意した方が良いでしょう。

    ちょっとでも安価に買い取り、ちょっとでも高価に売るのが車買い取り店舗の査定士の仕事と言えます。

    査定士や営業マンの話す内容を鵜呑みにするのもどうかというところがあって、人を見て相場よりもずっと低く買われてしまう時もあるでしょう。

    現時点での査定相場が前もって何円相当かしっかりと調査しておいて、相場価格よりも安く提案された際に自分の方から駆け引きするつもりでいると営業マンのセールストークを鵜呑みにしなくても良くなります。

    ネット上の中古車一括査定サイトなどを使って確認できる査定額は、やはり簡易的なもので見積もった金額です。

    同様の車種や年式でも車ごとにその状態はまちまちですから、その車ごとの査定額はその車を目前でチェックしなければ算出できないのです。

    ですから、オンライン査定で得られた情報通りの価格が絶対に実際の買取現場で提示されるのではありませんから、気を付ける必要があるでしょう。

    マイカーを売却する際は現物を見て査定してもらう必要があります。

    査定の形式は、おおまかに言って二つに分けられます。

    比較的なじみ深いのは、自動車の購入と処分を同じディーラーで行ういわゆる「下取り査定」です。

    一箇所で購入と売却(下取り)を済ませられるので、普段から車を使う人にとっては足がない期間の心配が要らないので良いのですが、下手をするとディーラーの言い値になるため結果的には買取業者に頼むよりも引取り額が低くなるのは避けられません。

    そして2つ目は一括見積りサイトなどを使って複数の買取業者に査定を依頼するやり方です。

    一社でなく複数に査定してもらえるため、ディーラーの下取りよりは高値になる可能性が高いです。

    実車査定に来た業者は決められたシートにのっとって対象車の市場価値を計算するのが常です。

    標準的なレベルを元にそれより上か下かを項目ごとに見ていき、減点したり加点したりで総合的な評価額を出します。

    比重の大きなチェックポイントは、確実なのは修理歴と、現状未修理のヘコミやキズ、走行キロなどで、当然ながらメーター付け替えは違法です。

    熟練の営業マンが逐一チェックしますから、キズの目立ちにくい夜に査定に来てもらったり、なにかしら隠蔽工作を行っても、一目瞭然です。

    普段使っている車を売る際は、今度の車の納車日までに日にちがあいてしまうことも考慮しなければいけません。

    家族の車や公共交通機関などで対応できればよいのですが、車がないと困る人は必要に応じて代車を用意してもらうことになります。

    とは言うものの、中古車買取店ならどこでも代車の手配をしてくれるわけではないので注意が必要です。

    もし必要だと思ったら、買取査定をお願いする時に代車手配が可能かどうか担当者に聞いておくと安心です。

    当たり前の事ですが、自動車を買う人が多い季節は、自動車を売ろうと考えている人から見ても高値で取り引きできるチャンスです。

    自動車を購入したいという需要がアップすればその分だけ供給は必須になり、買取価格は自然と上がります。

    俗に決算月と呼ばれる3月と9月は通常よりもお店は車の販売に力を入れてきますから、自動車売却時の価格交渉も自分に有利になるように行える場合が多いと言えます。

    決算月であることに加えて、9月は夏のボーナスが出ている状況で車の売れ行きは良くなるので売却に適した時期と言えますね。

    自動車を売り払った後になって、「瑕疵担保責任」を言い訳にして買取店舗が契約を解除したり買取金の減額などを言い渡されることがあるかも知れません。

    自分が事故歴などを業者側に嘘を付いて売ったのならば自分の方が非難されるべきですが、査定士が見積もり時に傷などを確認していなかったのならば売る側に何も責任は無いでしょう。

    買取店舗が自分の納得がいかない言い分を押し通そうとする際には、消費生活センターなどに行って、いざこざが起きていると相談するとむやみに悩まなくても解決できます。

    中古自動車を見積もり査定に持って行く前に丁寧に洗車しておくと、直接的ではありませんが幾らかでも高額に見積もってもらいたいと考える全ての人に実行してもらいたいことです。

    現実的にはピカピカに洗車してあってもそうでなくても、査定基準的にはあまり影響を及ぼさないのです。

    でも、愛車を丁寧に扱うオーナーであると言うことを印象づけるポイントになり得るのです。

    車の扱いが丁寧でない持ち主よりも店舗側から見たら信頼感が増すでしょうし、見積もりアップも狙えるというものです。